Message

実店舗の運営を大切にする会社。

  • ーはじめにアルページュの歴史について教えてください。

    桶田:1978年に会社を創立し、3年後の1981年には株式会社となりました。2014年度で34期目になります。弊社アルページュは、もともと洋服の卸を専門に行なっており、全国の専門店に商品を卸してまいりました。当時は社員20名ほどの規模の会社で、徐々に卸業が軌道に乗ってまいりましたが、2000年頃には自社でデザイン・製造した洋服を、自社店舗で販売するという流れに時代が変化していったため、我々もその流れに沿うように直営店をオープンしていきました。

  • ー現在、アパレル業界はどのような状況にあるとお考えですか?

    桶田:ネットショッピングが非常に伸びています。我々も「Arpege story(アルページュストーリー)」というショッピングサイトを自社で運営していますが、そこでの売上げも大きなものになっています。しかし、今後実店舗が必要なくなるということではありません。いまのお客様はショッピングサイトをカタログのように利用して、その後に実店舗にお買い物に来られる方も少なくありません。またその逆もあって、店舗で実際に商品をご覧になられて、ネットでお買い物される方もいらっしゃいます。このような理由から、実店舗の運営がより重要になってきていると実感しています。

女性が働きやすい会社ナンバーワンを目指す。

  • ー社内の雰囲気はいかがですか?

    桶田:弊社は、仕事のことを相談できる同僚がたくさんいて、縦も横も関係が濃い会社です。同期入社するスタッフが多いので非常に仲間意識が強く、チームワークが抜群に良いと思います。大勢の女性が働く会社で、こういった環境が整っていることが、弊社の強みと考えています。そのうえ、スタッフが仕事へのやりがいを強く感じることのできる環境も出来上がってきました。上層部は業務に対する方向性を指示し、目標に向かう道筋はスタッフ同士で相談をしながら考えています。上から意見を押し付けるのではなく、スタッフの意見を尊重しながら業務を進めていくことが大切だと思っております。上手くいくこともあれば失敗することもあります。「失敗は成功のもと」と伝えられているように、その失敗から学ぶことも多くあると思います。小さな失敗は必要だとスタッフたちにいつも伝えています。失敗を無駄にせずに成長の糧として貯えられるように、こちらからフォロー・アドバイスをし、軌道修正をしています。

  • ー会社運営にあたって特に力を入れていることはありますか?

    桶田:スタッフの教育・育成に力を入れております。本社のセミナールームを使って勉強会などを頻繁に開催しております。ショップスタッフの中で企画などの仕事に興味があるスタッフには社内の試験を実施し、合格した後には、企画の部署に異動できるような機会も設けております。

  • ー社員を大切にされているんですね。

    桶田:私はアパレル業界で日本一を目指しています。いろいろな日本一があると思うのですが、会社に対する満足度で日本一を目指したいと考えております。女性スタッフが圧倒的に多い会社だからこそ、女性が働きやすい会社にしたいですし、頑張っている女性が大勢いるので、その人たちの力をどんどん引き出していかなければなりません。そうするには長く働いてもらうことが重要だと感じています。

  • ーそのために何か心掛けていることなどがあれば教えてください。

    桶田:結果を出したスタッフへのフィードバックをしっかりと行なっております。力を発揮しているスタッフは、しっかりとキャリアアップしてもらう。会社として優秀なスタッフには給料面などで還元をしていく必要があると考えています。その他にも目標を達成したチームを食事会に招待したりしています。そういったことがスタッフのエネルギーになるでしょうし、次も頑張ろうという気持ちになるきっかけになると嬉しいと思っております。

強い意志を持った人にはチャンスを与えていきたい。

  • ー働く上で大事なことはどのようなことだと思われますか?

    桶田:ファッションが好きということはもちろんですが、特に我々のブランドの洋服が好きという強い気持ちが大切だと思っております。ブランドに愛情を持つことができれば、多少厳しい仕事でも頑張って最後までやり通すことができますし、未経験でもブランドのことがわかると早い段階から力を発揮しやすいはずです。

  • ー実際にアルページュで活躍されている方はどのような方がいらっしゃいますか?

    桶田:入社して10年くらいのスタッフが会社のキーマンになっています。企画チーフを務めてブランドの方向性を考えたり、ショップのエリアマネージャーとしていくつかの店舗を円滑に運営してくれています。彼女たちも初めはショップスタッフとして入社し、社内でキャリアアップしていきました。

  • ー今後はどのような人材がアルページュに必要だとお考えですか?

    桶田:いろいろなタイプの人がいると思いますが、業務をきっちりこなす安定感のある方や、アイデアが豊富で行動力のある方など、さまざまなタイプの人材をバランスよく採用することが会社の成長につながると考えております。そういった意味では、いろいろな方に会ってみたいと思っています。この会社を自分たちで成長させたいという意思や、仕事をしながら勉強してキャリアアップしたい、自分自身も成長していきたいという気持ちが大事だと思います。企画をやりたい方も、ショップで経験を積んで店長やエリアマネージャーになりたい方も大歓迎です。そういう強い意志を持った方には、たくさんのチャンスを提供できる環境を整えていくことが、最も重要なことと考えております。

page top